2006年03月23日

音と訓で読む熟語

「土地成金」はもちろん、とちナリキンと読んで、セイキンとは読みませんね。
ナリは訓読み、キンは音読みです。このようなケースを湯桶読みといいます。
「円高」はエンが音読み、ダカが訓読みです。これは重箱読みといいます。
湯桶読みや重箱読みはそれほど多くありませんが、日常生活の用語には意外に多く含まれています。

では次の漢字は何と読むでしょう?

1.新型
2.寝相
3.消印
4.縁側
5.生粋
解答はこちら
posted by suzuka at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

唐音の読み、続きです

唐音の読み取り、少し難しくなります。

6.行脚
7.胡乱
8.暖簾
9.箪笥
10.竹箆

ヒント
7.胡はでたらめという意味。胡散もほぼ同意。
10. 竹箆は禅宗で僧が指導のさいに用いる竹べら。
解答はこちら
posted by suzuka at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

特殊な読み方、唐音

唐音の熟語は、あまりお目にかかりません。このため難しい読みになりますが、一度覚えると忘れないでしょう。

道具類や禅宗の用語などに多いですね。では、次の漢字、読めますか?

1.蒲団
2.椅子
3.提灯
4.普請
5.火燵

解答はこちら
posted by suzuka at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

ひと味違う呉音の読み

前回、漢字の読みには呉音・漢音・唐音の三種類の音読みがあると言いました。
実際のところは、その時代の日本人が耳にした発音から判断したのでしょう。
外来語が入ってくる場合、発音が正確に伝わらず、日本語流に変えられることがしばしばです。
中国の音は、「四声」といわれ、アクセントで使い分けられます。日本ではそれがないので、適当に日本語流になっただろうと想像できますね。

では、呉音の読み取り問題つづきです。

6.清浄
7.刃傷
8.功徳
9.明星
10.勧請

解答はこちら
posted by suzuka at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

同じ漢字になぜ読みが三通り以上も?

たとえば「行」という字。
  行灯……あんどん
  行列……ぎょうれつ
  行動……こうどう
というように、音読みだけで3種類ありますね。
「ギョウ」は呉音、「コウ」は漢音、「アン」は唐音。

呉音は日本に一番早く入ってきた読みで、中国の揚子江以南にあたる呉の地方の発音だそうです。五世紀ごろから仏教とともに伝来したもので、そのため仏教用語にこの読みが多いのです。

漢音はその後、奈良・平安時代に遣隋使・遣唐使によって伝えられた読み。長安の都を中心に、漢民族の使っていた発音で、標準語に当たるとか。このため先に入っていた呉音は、方言として使用まかりならぬと禁令まで出され、漢字の読みは漢音に変えられることになったのです。

唐音は室町時代以降、禅僧や貿易商人によって伝えられました。中国では宋・元・明の時代に当たりますが、当時中国を一般に唐と呼んでいたので、唐音といわれるようになりました。ただし数としては少ないです。

では、問題です。次の漢字の読みは?

1.久遠
2.今生
3.仁王
4.公事
5.兵糧
解答はこちら
posted by suzuka at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

音読みと訓読みがある訳は

音読みと訓読みは、どうしてできたのでしょうか。

かつて私たちの先祖は、日本語は持っていましたが、文字は持たなかったのですね。
そこへ大陸から漢字が入ってきました。

特に五世紀ごろ、朝鮮からの渡来人が大和朝廷で記録を司るようになり、漢字が日本人に使われるようになりました。
このとき中国の漢字はそのまま中国語の発音で読まれていて、文章も漢文で書かれていました。
漢字が次第に普及してくると、日本語の表現に漢字を用いる工夫がなされるようになったのです。
○音がなの発生(鳥→「止利」)……これが後に平仮名、片仮名を生むことになります。
○訓がなの発生(「山」が日本語の「やま」を表していることを知り、山をヤマと読むようになるなど)……これが訓読みのおこりです。

こうして八世紀になって、音がなと訓がなを使って『古事記』や『万葉集』がつくられ、漢字で日本語を表現できるようになったのです。

では、百人一首に歌を残している小野篁(たかむら)が次の言葉?を何と呼んだでしょう?

「子子子子子子子子子子子子」
解答はこちら
posted by suzuka at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

続いて読み取りの問題

あてずっぽうで誤読したり、知ったかぶりして恥かいたり。
聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥といいます。
知らないことは知らないと言うことも勇気。
さて、ちゃんと読めてますか?

6.熾烈
7.嗅覚
8.邁進
9.鼻腔
10. 残滓
解答はこちら
posted by suzuka at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

形成文字は簡単とあなどると……

形成文字はツクリなどから推測で読めば、だいたい正解になるのですが、そうはいかない漢字も。
間違いなく読めますか?
        ヒント 
1.進捗――交渉と混同しないで
2.流暢――暢のツクリのヨウではない
3.払拭――拭の式の字にとらわれると
4.稠密――稠の字は読みを間違えやすい
5.破綻――ハジョウではない



解答はこちら
posted by suzuka at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

漢字の仕組み

漢字の種類については後漢時代に許慎という民間の篤学者が、『説文』を著して、六種類に分類しています。
@象形文字
A指示文字
B会意文字
C形声文字
D転注文字
E仮借文字
ただし、転注や仮借は、文字の作り方というより、その応用に当たるので、字源としては前の四種類になります。

では、ツクリを読めばほぼ正解という形成文字の読み方問題の続きです。
6.蘚苔類
7.霹靂
8.纐纈
9.襦袢
10.巍峩
解答はこちら
posted by suzuka at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

知らない漢字もこれで読める!

難しい漢字もあてずっぽうで読むことができます。

たとえば、「負傷者を担架で」「資源の枯渇」
担架の「担」はツクリが元旦の旦なので「タン」
「架」は上の加を見て「カ」というように。
枯渇の「枯」はツクリの古で「コ」と読めます。つまり古という音符を含んだ形成文字で、固、故、箇なども同じ読みになります。
「渇」は、ツクリが「カツ」で、喝、葛、褐なども同じ読み。
さらに意味の点からいうと、枯は木へんなので、古い木だから枯れる、ひからびるという意味。
渇のツクリはかすれ声でどなるというのが原意。サンズイがつくことによって、水がかわく、のどがかわくという意味になります。

漢字の主流になっている形成文字というのは、このようにおよその見当で読めて意味も分かります。もちろん例外もありますが。
だから、漢字に強くなる第一のカギは、形成文字に強くなること!

では、次の漢字を読んでみましょう。

1.蠢動
2.儀仗兵
3.麒麟
4.松籟
5.疥癬

解答はこちら
posted by suzuka at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。